パソコンで検索できない!

パソコンで検索

パソコンで検索できないのは慣れていないからです


パソコンに不慣れで、
ネット検索できないという方が
おられると思います。

コロナ禍での
様々な取り組みの中で、
パソコンを使用しなければならない局面は
今後ますます増えてくるばかりです。

ワクチン摂取などの報道を見ていても、
高齢者の方は、
なかなか予約もできないような
状況のようですね。

これは、
そもそもネット自体に慣れていない
ことが最大の原因です。

それには
まずネット検索に慣れることでしょう。

すこしずつでも慣れていただけるよう、
今回だけではなく、
何回かに渡りご案内させていただきます。

これからますます増えてくるネット検索の必要性


高齢者の中には、
手元にパソコンもスマートフォンもない、
という方は結構おられるかと思います。

たしかに、
今更というのが本音なのでしょう。

ただ、これからの時代、
ますますパソコンやスマートフォンが
必須になってくるでしょう。

好き嫌いは、
言っていられない状況下にあるのです。

何故なら、
支払いも証明書類も
どんどんスマートフォンなどで処理
するようになってきているからです。

特にこのコロナ禍で、
そのスピードは加速されています。

国としても、
世界レベルからみて遅れている
日本政府や行政のIT技術を見直すだけでなく、
個人データを集約して管理できるようにしたい
という思惑もあります。

いずれは
紙やプラスチックのカードは無くなって、
スマートフォンにすべての個人情報を入力し、
それで様々な手続きをしなければならない
ようになる可能性は、
それほど先のことではありません。

健康保険証や運転免許証なども
データとして入力され、
スマートフォンをかざせば
受け付けられるような時代、
良いか悪いかは別にしてやって来ます。

パソコン・スマートフォンでのネット検索


このサイトをご覧頂いているのであれば、
このどちらかはお持ちでしょう。

パソコンであっても
スマートフォンであっても、
検索自体はそれほど難しくないと思います。

問題は
自分が欲している情報を得るためには、
どうやって検索するか、
ということになると思います。

よく言われる「ググる」という言葉は
一体どういう事なのでしょう。

これは、
検索エンジンの「Google」で検索される
ことを指すのですが、
今では別に「Google」だけではなく、
「Inter Net Explorer」や「Yahoo」の
検索エンジンで検索しても、
「ググる」と言っているようです。

要は「検索する」
という意味の代用語として
用いられているんです。

「検索をする」とは、
分からないことを調べることですから、
誰でもすることなんですね。

ネットがなかった時代は、
辞書なり百科事典なりで調べるか、
図書館などに行って
関連書などを調べたかも知れません。

しかし今はステイホームの時代、
家にある辞書は古くて
新しい言葉などは出ていない、
図書館は地域によっては
やっていない等々、
あると思います。

それよりも、
そんな事をして調べるのじゃあ、
時間と手間がかかりすぎますよね。

そこで一番手っ取り早く、
調べられる方法がネット検索なのです。

具体的な検索方法


それでは、
検索を具体的にしてみましょう。

例えばあなたが
「自分の住んでいる地域でのワクチン摂取は
 いつから始まるのだろうか?」
という疑問があるとします。

そうしたら、
Googleのこの検索枠に
「ワクチン接種」と入れると

このように、
ワクチン接種に関連する検索語が出てきます。

検索枠は、
上記のように中央でも、
下記のように上部バーの左側、
どちらでも結構です。

もしあなたが住んでいる地域の
ワクチン接種状況について
知りたいのであれば、
この関連した検索語のなかに、
あなたの住んでいる地域の
ことについて触れたものがあると思います。

これで検索すればいいわけです。

ま と め


何しろ、一日一回、
パソコン画面に向かうことです。

そして気になっている言葉や情報について、
ネット検索をして
自分の疑問を投げかけてみることです。

なかなか最初、
慣れないうちは面倒かもしれません。

ですから次のような方法も
ひとつの実践訓練になるでしょう。

朝のニュース番組の
トップで扱われていた話題について、
報道されていた内容よりも詳しく探ってみる、
というような方法で検索慣れするんです。

毎日繰り返しやっていると、
検索慣れしてくると同時に
キーワードの選び方や探し方にも慣れてきます。

まずは慣れる為に一日一回、
数分でもいいですから、
手元にあるパソコンやスマートフォンの
画面に向き合ってみては如何でしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました