ズボン紐をほどきやすくする結び方

衣服

ズボン紐をほどきやすくする結び方

ズボン紐がからまって、
ほどけなくなる時ってありませんか?

私は家でテレワークを始めた時、
ベルト通しのズボンよりも
紐で結んだズボンの方がはきやすい
のではないかと思い、
それからずっと紐付きズボンをはいています。

しかし、はき初めの頃、
紐の結び方で大変苦労しました。

脱ぐ時に、
その紐がほどけなくなってしまったんです。

それが今ではすっかり解決しました。

その経緯をお伝えさせていただきます。

ズボン紐の結び方

そもそも紐の結び方は色々あります。

私たちがズボンをはく時の結び方は、
それほど凝ったものではありません。

本結び、蝶結び、片蝶結び
くらいのものでしょう。

本結び(ほんむすび)

本結びとは、このようなものです。

結び方の基本であり、紐の先端が左右に分かれます。

固くしっかりと結びたい時などに使います。

従って、
ほどく時に紐が固く締まってしまうとかなり厄介です。

特に紐が細かったり、柔らかかったりすると、
その結び目がかなり固くなってしまいます。

特にズボンで使われている紐は、
身体の動きによって締められて、
ほどく時に固くなってしまうケースが多いです。

蝶結び(ちょうむすび)

蝶結びはこのような結び方です。

輪の部分と先端が結び目で対称になる結び方です。

まさしく蝶々のような形になっています。

本結びほどは固く締まりませんが、
両輪を強く締めればそれなりの結びの強さにはなります。

これは、
左右どちらかの先端を引っ張ればほどけますので、
とても便利です。

片蝶結び(かたちょうむすび)

これが片蝶結びです。

まさしく蝶結びの片方だけですね。

この結び方の固さは、
本結びと蝶結びの中間と考えればいいと思います。

そしてこの結び方が本日のテーマの主役なのです。

ズボン紐をほどきやすくする結び方は片蝶結びです

私は紐付きズボンをはき始めた頃、
紐をほどく時に絡まってしまったり、
結び目が固くなってしまい
ほどけなくなってしまった事がありました。

しまいには力いっぱい引っ張って、
紐が切れてしまったのです。

色々模索した結果、
片蝶結びが一番良い! 
という事になりました。

具体的な結び方とは

具体的な結び方は、下記のような結び方になります。

蝶の輪の部分を引っ張っていただき、
その先端を輪でない先端よりも
かなり短くしてしまうことです。

片蝶結びは、
蝶部分の先端を引っ張って解くことになるのです。

もう一方の紐の先端を引っ張ってもほどけません。

従って紐の2本の先端を同じ長さにしてしまうと、
ほどく時にどちらがほどける方なのか
分からなくなってしまいます。

そこで、同じ長さにせずに、
ほどく時に引っ張るべき紐の先端を
もう1本の紐よりも
明らかに分かるように短くすることです。

私は現在
いつもこの結び方で結んでいますので、
ほどく時に楽にほどけるようになりました。

急いでほどかなければならない時なども、
全くあわてることなくほどけるようになったのは、
本当にありがたいことです。

ま と め

今でこそ笑い話ですが、
蝶結びにしていた時のことです。

床に就くので、ほどこうとしたところ、
紐が絡み合ってほどけなくなってしまいました。

仕方がないので、
その紐を無理やり力いっぱい引きちぎって、
ズボンを下におろしてから、
パジャマに着替えました。

床に就く前にイライラするのは良くないですよね。

ズボン紐は便利ですが、
その使い方によっては
イライラのもとにもなりかねませんから、注意したいものです。

衣服
スポンサーリンク
チエゾーをフォローする
ライフプチエ|生活プチ百科

コメント

タイトルとURLをコピーしました